過剰なケアを控えて美白を目指す


私は40代の主婦です。
40代にもなればお肌も体も様々な症状が出始め、体力が落ちてきたり疲れやすくなったりなど、老化を意識せざるを得ないです。

30代後半頃から、お肌の顔のくすみとシミがとても気になるようになりました。
アンチエイジングという言葉もまだなかった頃だと思います。
このままくすみやシミが進んでしまったら、一気に老け込んでしまうと感じて、真剣に美白ケアをしなければと美白に本腰を入れることにしたのです。

スキンケアは美白に良いと言われるものは色々と試し、化粧水や乳液、美容液といった類のも物は全て美白用ラインで揃えたり、これが良いと耳にしたら試すという具合に「美白」という言葉に踊らされていたようです。

古い角質を取り除き、ターンオーバーを整えるという目的で、ピーリングやゴマージュ、アミノ酸入りの洗顔料での優しい洗顔など、角質を落とすケアばかりしていたのです。
サプリメントも肌に良いコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC等を飲んでいました。

これらの努力が全く実らなかったわけではありませんが、美白にお金と時間をかけすぎ、過剰なケアをしすぎてお肌が薄くなってしまいました。

40代の今、美白への認識は以前と変わっています。
基本的なスキンケアを心がけ、お肌の上から角質を剥いで美白コスメを与えるのではなく、体の内側から整えるのが重要なのだと感じています。

まず、薄くなったお肌を改善するためにクレンジングと洗顔方法を見直しました。
お肌にやさしいクレンジング剤でメイクや汚れだけを落とし、肌に必要な皮脂などはきちんと残すようにし、洗顔も余計な成分が入っていない石鹸などに変えました。
こすらない、洗い過ぎないをモットーにケアしています。

スキンケアは美白中心からシンプルな物へと変えて、あくまでも保湿することだけを目的にしています。

そして、重要なのは体の内側からの美白です。
栄養バランスの整った食事で健康を保ち、適度な運動で代謝を上げて、規則正しい生活を送ることです。
過剰なケアを控えて健康を意識した生活を送るようになった現在、30代後半の頃よりもお肌の状態は格段に良いですし、くすみは以前よりましになっています。


サイト集 グループ 9

Copyright(c) 2013 http://www.botox-cosmetic-surgery.com/ All Rights Reserved.