真の美白は身体の内外から対策が必要


私が美白のためにしていること、それは大きく2つに分けられます。



まず1つ目は紫外線対策とメラニンの生成防止です。
紫外線対策として真っ先にあげられるのは日焼け止めです。
夏はもちろんですが、私は秋も冬も、つまり年間を通して日焼け止めを使用しています。



使用する日焼け止めは季節と天気によって使い分けています。
夏は紫外線がとても強いので、常にPA50などの高い数値のものを使用しています。
一方秋冬は、基本はPA30前後のものを使用し、雨や雪などの天候が悪いときにはPA20程度に下げます。
数値が高いほど効果が高いのは言うまでもありませんが、その分肌に負担がかかるので、
できるだけ秋冬は数値を上げないように注意しています。
美白も大事ですが、肌のコンディションが一番重要です。



また、夏はそれにプラスして日傘や手袋、ストールなど小物を使って紫外線をカットしています。
意外と手や首の裏などは日焼けしてしまいます。
こうした細部にもしっかり気を使うことが重要です。



しかし、こうした紫外線対策を行っていても、日焼けしてしまうこともあります。
そんなときは美白化粧品で肌を黒くするメラニンの生成を抑えなければなりません。
日焼け後の対策は早ければ早いほど効果があります。
日焼けをしたらその日のうちに肌を冷やしてほてりをとり、美白化粧品でケアしましょう。



以上が外側のケアです。
もう1つの美白対策は内側からケアしていきます。



内側からのケアとして、私が実践しているのはビタミンCを摂取することです。
ビタミンCは、上述した肌を黒くする成分であるメラニンの生成を抑えてくれます。
そのためビタミンCをたくさん摂取することは美白ケアにつながるのです。



ビタミンCを多く含む食べ物はフルーツです。
もちろん、身近なフルーツのリンゴやミカン、ブドウなどでも効果はありますが、
特に気温が高く日差しの強い南国で取れるキウイやパイン、パパイヤなどのフルーツには、
ビタミンCが豊富に含まれています。



身体の内外から美白ケアを行うことで、真の美白を手に入れることができます。
美白を求めている方は是非試してみてください。


サイト集 グループ 1

Copyright(c) 2013 http://www.botox-cosmetic-surgery.com/ All Rights Reserved.